老犬介護|寝たきり

ブログ

老犬介護|寝たきり

老犬 介護,関西 ペットホテル

老犬介護、認知症や寝たきりになってしまった愛犬のお世話。
犬の平均寿命も昔に比べ飛躍的に伸びています。
元気よく走り回っていた愛犬、散歩が大好きだった愛犬。
加齢とともに筋力も落ちて 寝たきりになってしまう子もいます。
大型犬の子のお世話は力もいります。自由にならない苛立ちから吠えたり攻撃性が出る子もいます。
床ずれも出来てしまいます。2〜3時間おきに身体の向きを変えれば大丈夫とも言いますが実際にはもっとこまめにしないと出来てしまいます。
一度出来ると中々治りにくく完治までに時間がかかります。
床ずれ防止マットなどに寝かせてあげて血行を良くするようにマッサージ、栄養をしっかり取れるように気を付けます。
血行を良くしてあげることが効果的です。スキンシップにもなります。
日光に当たることも重要です。気分転換や血行促進に効果があります。
もしなってしまったら清潔に保ち、人間用の母乳パッドを使って保護します。とにかく清潔に。
一般的なケアの方法ですが ワンちゃんによっては好きな姿勢があります。
向きを変えると嫌がって暴れるなどの拒否行動を起こす子もいます。
寝たきりで暴れると肩・股関節を中心に動かすので結局 床ずれになってしまいます。
そのうえ強いストレスも加わります。
獣医師とも相談のうえ あえて無理に身体の向きを変えない時もあります。

そういった場合 どうするのか?
老犬ホームでの現場では沢山の経験があります。その子に応じた経験。
インターネットで調べても通り一遍の事ばかりです。
なにかお困りのことがあれば何でも御相談下さい。

 

〜老犬介護に関する御相談〜

現場で培った知恵や知識があります。一般の御家庭でも出来ることばかりです。
是非 お問い合わせ下さい。入所の勧誘等は一切致しません。匿名でも可。

 

 

老犬ホームあん 電話 090−3675−8882  
     8時〜22時までお受け致します。

老犬 介護,関西 ペットホテル

 

トップページ